ほ  し  の  は  だ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

jewelry & chocolate  

ここ1-2週間でいろいろなことが起き 告知が遅れてしまいましたが

今年初の、企画展参加のおしらせです。



20140106_1114393.jpg






「 jewelry & chocolate」

・2014.2.3.(mon)-2.16.(sun) 10:30-19:00

quatre epice キャトルエピス静岡店

 静岡県静岡市清水区天神2-6-4
 TEL/054-371-5020



ジュエリーとチョコレート。

異なるものだけど、どこか似ている2つの小さな世界の展示会。

期間中は13組の作家さんによるジュエリーと

キャトルエピスのチョコレートが店内いっぱいに並びます。

また、本展に併せてつくられたモノガタリとそのイラストレーションの展示、

更に広がる世界観として展示会のサウンドトラックも制作致します。

最終日、2月16日は、小さなものが集まる夜のお菓子の時間『みんなでパーティー』を開催。

キラキラ輝く小さなタルトレットとジュエリー。

シュワシュワはじけるドリンク。カラフルな音色の演奏。

ジュエリーが好きな人もチョコレートが好きな人も新しい出会いがきっと見つかる。
(手創り市HPより抜粋)




---------




なんと最終日にはパーティが!

展示のみならず音楽など、その場限りのすてきな夜。

これはもう、行かなくちゃ、です。




再びご縁あって 手創り市さんから企画展のお誘いをいただきました。


たしか秋頃にお話をいただいたのですが、聞いた瞬間

これはおもしろい!なんて素敵! と

胸がわくわくして飛び跳ねそうなほどでした。



手創り市さんが生み出す仕掛けはいつもおもしろい。

イベントの場所を超え、枠を超え、そうきたか! と一歩先の、意表をつくような。

それでいてどこにも違和感はなくて、すっと頭に入り込み

「あ、なるほど」と なるのです。

深いところがまるでぶれていないというか、寧ろ濃く定まっていくかのようです。




...なんて偉そうに書いてしまいましたが

参加させていただけることをいつも誇りに思います。


去年 春に初めて静岡手創り市へ出店したので、まだ1年も経っていないわけですが

度々 自信に繋がるきっかけやヒントをいただいていて

大きく成長をさせてもらっている、

わたしのなかで重要なイベントのひとつ…いえ、方々です。

企画やイベントは、人が人に向けてつくります。人次第なのだと、つくづく感じます。




jc_04.png





今回も魅力的な作家さんがいっぱい。




今 気付きましたが初日は節分ですね。いいですね。


私は最終日のみ在店します。

展示だけでなくお店自体もたのしみです!おみやげを買って帰ろうかな。





ぜひ、このバレンタインシーズンだけのおたのしみを味わいにいらしてくださいねー!
スポンサーサイト

category: 催しもの

tb: 0   cm: 0

わくわくがいっぱい  

20日の大寒、暦通りの冷え込みでしたね…

冬場は特に お日様のありがたさを身に染みてかんじます。




先日 知り合いというか、

とてもお世話になっているお兄さん的存在の方が参加している

期間限定ショップ「THE SHOP」へ行ってきました。



去年末にも行きましたが、本当にハイセンスですばらしくて

行く度に気持ちがしゃんとします。

7つのお店やブランドが集まって、ひとつのお店をつくりあげていたのですが

スタッフのみなさんが これまたおしゃれすぎる。


わずかに感じる緊張は、そこにいる少しの時間によって、次第にほぐれていくから不思議。






7つのなかにTHINK TWICEさんが出店しており





IMG_4570.jpg




ちゃっかりおじゃましておりました。

実店舗のほうで、お世話になっている うしろのふたつの小さな什器

すてきな空間に取り入れてくれていました。うれしすぎます!




THE SHOP、もう期間は終了してしまいましたが

今後またどこかでお会いできるかもですよ。それはそれは、たのしみでならないのです。




そして、私自身も春、夏とたのしみがいっぱい。秋も、冬も。



category: プライベート

tb: 0   cm: 0

かたる  

昨年 ワークショップをした2日目、

実は 人生2度目となる 取材を受けておりました。





「第8回 金工作家 田中友紀氏|大ナゴヤ大学はたらく課」






きっかけは、2013年10月に名古屋テレビ塔・その付近で開催された

SOCAIL TOWER MARKET。


栄や市内から集まったすてきなお店や、作家さん、

また お客さんもとても目を光らせていて、

全体的にレベルが高いのが印象的でした。




それから、スタッフの方がよく気にかけてくださって

初の両日ひとり店番をしていても、すごく心強く、また気持ちがよかったんです。





元を辿り、このイベントに参加するに至ったのは

春の森道市場に出店していた際 お声をかけていただいたことでした。



それがご縁あって、

主催の大ナゴヤ大学の方より この度お話をいただき

ワークショップをした いろは堂さんにて取材を受けることになりました。





ちょうど その1年前に 初めての取材を経験して

思うように話せなかったり、どこか不安に感じていたりしたのですが

いろは堂さんの、お店や人柄のやわらかな雰囲気と

担当のお二方による 和やかな温度感に とてもリラックスできました。









P1380200.jpg









今年初めにupしていただき

すばらしく幸先のいいスタートを切ることができました。


今 読み返すとちょっと恥ずかしいのですが、、

原点、日頃感じていること、胸に秘めた思い、願い、など

普段あまりお話できないことを載せていただいています。








実をいうと、もっと深層的な 核心というか、あります。



それはいつか また なにかの機会に、時期が来たら、にしたいです。






category: 私について

tb: 0   cm: 0

2014-  

明けましておめでとうございます

旧年中はたくさんの方々に 大変お世話になりました。



新年早々、ご無沙汰しております。


年末年始は仕事や家庭のことでバタバタしており

更新が滞ってしまいました。すみません。


年賀状もままならなかったため、一部の方のみにお送り致しました。


この場にて 新年のご挨拶とさせていただきます。






昨年を振り返ると、

もう5,6年をぎゅっっと凝縮したような

色の濃く いつだって想像を超えていた、そんな1年でした。

独立をする前も、した後も、

明らかになにかが大きく前進したのを感じました。



それでいて、圧倒され 追いついていけていなかった自分がいたのも、また事実。

今年は追いつくだけでなく、肩を並べ 同じ位置で進められるように。


追い越して引っ張れるように、なんて欲は張りません。それは来年以降にします。






たくさんの人と関わり、繋がり、広がり、

人のもつ力 人という生きものの可能性に度々驚かされます。



それは、きっと今年も、そして これからもそうでしょう。



当たり前にならないように

ひとつ ひとつを摘み取り 零さないように

感謝の気持ちを胸に刻みつづけ、今年もたのしい1年にしたいです。





今年は、初めての試みであり

ずっと、長い間あたためていた たのしみがあります。



どんなことが待っているかは また 春頃にでも。

これをちょっとした皮切りに

今後の方向性や基盤づくりをしていきたいと思っています。



また 時期が近づいてきましたら ご報告しますね。





本年も、私自身はもちろんのこと

みなさまにとって飛躍の充実した年でありますように


2014年も どうぞよろしくお願い致します

category: プライベート

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。